P12

東大受験生の陥る罠の実態とその対処法

小学生に負けている大学受験生の実態

「大学受験生は高校受験生・中学受験生よりもマンガ・ゲームが大好きであると」と聞いて驚く方も多いと思いますが、これは紛(まぎ)れもない事実です。

大学受験生、高校受験生、中学受験生を比べると、中学受験生が一番マンガ・ゲームをしません。ですから大学受験生は小学生に負けていると申し上げているのです。

もちろん、受験を考えてマンガやゲーム等の娯楽を一切絶っている大学受験生が多くいることも事実ですが、多くの大学受験生に接してきた立場で申し上げると、大学受験の水面下では本当に多くの大学受験生がマンガ・ゲームに興じている場面に接することが本当に多く、特に高卒生(浪人生)にその傾向が顕著であることを断言いたします。

大学受験生がなぜ、マンガ・ゲームが好きであるかに関して、中学受験生にマンガ・ゲームをする生徒が少ないかということで説明ができます。

なぜ、大学受験生より中学受験生のほうが、マンガやゲームをする生徒が少ないかというと、以下の理由があります。

①学校がある
②塾が忙しい
③親のコントロールがまだ利く
④親より先に寝る

その逆に

大学受験生(特に高卒生・浪人生)は

①予備校はあるが意外と時間はある
②自由になる時間が多い
③親のコントロールは利かない
④親より後に寝る

中学生以上になると親の言うことは聞かない、ましてや高卒生だと特にその傾向は顕著です。ある意味、もう管理されことのない大人なのですから、自己管理をしっかりしてください。自分(の欲望)との闘いに勝ってください。

できたら、
ダンボール箱にマンガもゲームも封印しましょう。
自分を誘惑してくるもの全てをつめこんで、封をして押し入れの奥にしまいこむのです。誘惑を断ち切るにはまず、目に入らないようにするのが大原則です。

でも、
どうしてもやめられない人は・・・・・。しかたのないひとですね。・・・・・

では
最低限の方法を教えます。
新しいマンガやゲームは買わないようにすることである。

東京大学受験 家庭教師の無料体験

家庭教師、教職員、講師の紹介のみを専業とし40年の実績と自信を持って紹介いたします。
家庭教師と一緒になって勉強してくれない方への紹介は致しません。単に入学するまでの学力錬成ではなく、東京大学へ入学後も大学より求められる実力、見識をしっかりと身につけていただくためのサポートをいたします。
プライバシーの保護には留意しています

あるいは、電話(0120-110-061、03-3259-8160)へ連絡ください。

問い合わせ:東京大学受験 専門家庭教師センター

TOP